株式市場 株式市場と言うのは、株取引を始めるに当たっては、知っておかなくてはいけないことの一つでしょう。株の取引をすることは、それぞれ地域の証券取引所で行うことになります。東京と大阪の他にも、名古屋や札幌などにも証券取引所はあるのに加えて、福岡にもあると思います。東京証券取引所が一番有名ですが、良く耳にする言葉の中に、東証一部上場企業と言う言葉があるのですが、これは東京証券取引所の1部と言う点もを意味しているのです。一部と二部では一部の人がランクが上に位置づけられているかもしれません。 企業などは株式にして、東証一部上場を目指して日々努力して経営しているといっても良いのではないでしょうか。この一部上場するためには、企業が世間でどれくらいの認知度があるのか、また会社にたいする信頼度は如何にになったのかなども、関わってきますので、どのくらいの会社でもすぐに一部上場出来ると言うわけではないのです。簡単に言ってしまえば、一部上場企業は、倒産の可能性のない、安定した経営の会社であるということを意味しています。 ほかにも株の市場と言うと、ジャスダックという言葉も出てくるはずですが、これは、証券取引所には所属しません。ベンチャー企業であったり、中小企業などの株を主に取り引きする市場だと持っていただけるとよいのではないでしょうか。東証に比べると、かなり株価の動きが激しくなると思いますから、初心者さんに取っては、あまり向いていない株の市場と言っても良いかもしれませんー